クレカの用意はOK?!いちばんの購入後レビュー 2017年度

結構分厚いです。平成10年に発行された、いちばんよくわかるかぎ針編みの基礎にあたらしい作品や、テクニックを加えて、増補改訂したもののようにです。作例がステップバイステップでとっつきやすいですね。

こちらになります♪

2017年02月04日 ランキング上位商品↑

いちばんいちばんよくわかる新・かぎ針あみの基礎

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

昔に買ったものは引っ越しなどを経て、どこかへいってしまいました。20年ぶりくらいに,動画を見ながら丸や四角,ハートや花や葉っぱのアクリルたわしを編んでみて,基礎からしっかりやってみようと思い本を購入。図も見易いしわかりやすいです。大人になってアクリルたわしを作ったこともあったど・・・という初心者です。o@(・_・)@o。大変にわかりやすい!の一言です。自己流だったので,気付かされることも多いです。なので買ってからはそれほど開いていませんが!あるだけで安心します。「かぎ針編みの基礎 増補新版 レッスンシリーズ」もわかりやすかったのですが、もう少し詳しいものがほしかったのでこちらを購入しました。一緒に「新・棒針あみの基本」も買いました。モチーフで色々練習して,自信がついたら大物も編んでみようと思います。昨年買おうかと思いながら結局買わず独学で編み物を一通りマスターしましたが、やっぱりたまに気になるポイントがあり、その度に図書館で借りるのも面倒なので結局買ってしまいました。ここに掲載されている作品は少ないですが、ハンドウォーマー、かごバッグ、ショール、スヌード、ベレー帽、モチーフのひざ掛け、チュニックなど初心者に嬉しいものが載ってます。たくさんの種類が載っていて写真と説明もわかりやすく!やりたかった編み目も掲載されていました!子供たちにも何か編んであげようと思います。後ろの方になると解説がレシピ本並みの紹介だけなので「ここどうするんだろ?」と考えますが!編み図を見れるようになれば、できるようになるのだろうと思います。o@(・_・)@o。私はこの本を始めて買うのでどんな作品が乗ってたのか、どこが加筆されたのかはわかりません。図書館で色々基礎の本を借りたり本屋さんで立ち読みしたりしましたが、これが一番図解が丁寧で分かりやすいです。かぎ針編みの基礎本はこれが2冊目です。最近かぎ編みで色々と作っているのですが!気になる編み目があったのでこの際基礎から!と思い!こちらを購入しました。楽しみです^_^)/▼☆▼?(^_^)最後のページにある!いちばんよくわかるシリーズの編み物の参考図書を購入して!特訓しようと思います♪素敵な本に出逢えて嬉しく思います♪小学生の頃にかぎ針編みは祖母から教わり,簡単なマフラーを作った程度。編み物がしたくなりサイトで見てたりしたのですが、やはり基本の本がほしくなり前のバージョンもいいかと思ったのですが、掲載の作品が新しくなったと書いてあったのでこれを買いました。色分けやpoint解説がとてもわかりやすく,事前に動画を追いかけながらやっていたことが,すごく納得できてよかったです。2010年発売したものを改訂したものだそうです。長年編み物はしていますが、この本でしっかりと説明されていて始めて知ったこともありました。かぎ針初心者でも理解できるステップアップ式レッスンで!安心して取り組めます♪早くレッスン2の最後にあるこめあみのかごバックが!編みたいと思います。少し重いような感じですが(笑)!このページ数でこのお値段は安いですね。ページ数は多いし!編み方も大きい絵と写真でみやすいです。約27ページ増えて152ページになっています(*^o^)/?(^-^*)♪オールカラーで!写真も印刷も見易くて!ポイントでは!写真と印刷両方使用したり!ポイントが黄色く吹き出しになってます♪説明文でも!重要な事項に黄色くマーカーがありますね^_^)/▼☆▼?(^_^)めちゃ親切な本です(^_^)/□☆□?(^_^)編み目記号は!厚紙ですね!ここ最近!編み物に興味をもったので!前作と比較は出来ません。まだ難しい編み方まではたどり着いていませんが、これがあればできそうな気がします。掲載の作品も新しくなってます。左利きなので、ずっと諦めてたかぎ編みですが、文字と画像での手順が細かくわかりやすく、編み始められました!。初心者に分かりやすく後々まで役に立つ内容です。